So-net無料ブログ作成

トップの面から押し上げられる感覚

 深雪の滑りですが、整地で小回りが上手くできて深雪は
苦手なんて人がよくいます。そういう人を深雪に連れていく
とたいていトップが押し上げられて返ってくることに違和感
を覚え、強引に前に乗ろうとしてバランスを崩すということが
多いと思うのです。そんなことするものだから前方につんの
めり転倒しちゃったりするのですが…。(=_=;
というか私自身そんな転倒よくしていました。それでしろくま
なんて言われたのですけど…。(^^;

まず踵支点で踵が蝶番(ちょうつがい)のような役割をして
いるなんてイメージを持って頂きたいのです。これはキャス
ターターンで言うところのキィーキャスターが蝶番になります。
例えば、足裏から先のスキーの滑走面があたかも踵の蝶番
を軸にフタのような役割をするとイメージしてみて下さい。
深雪で落下移動しながらスキーの面を雪面にコンタクトさせ
ると、柔らかい反動がフワーッと来ます。リズム的には深い
雪であるほどゆったりと抵抗が来ます。フタがゆっくりと開け
られようとするようなイメージとなるのです。このゆったりとし
た圧を足裏から飲み込むように丁寧に自分の体内に取り込
むようにします。ここまでで絶対にあわててはいけません。
全てはゆっくりとスローモーションのような感覚です。
そこまでゆったりと待てれば整地と同じようなイメージで切り
換えることができます。整地だと自ら起こすようなアクション
になりますが、深雪は雪からもらう圧で楽に切り換えられる
のです。雪からの抵抗でゆっくりとフタを開けてもらったら、
落下を伴い回旋しゆっくりフタを閉めていきます。すると
また反動がやってきます。またフタをゆっくり開けに…。
その後、以下同文となりまして左右対称に繰り返せれば楽々
深雪小回りの出来上がりとなります。

最初にも書きましたが、滑走面が押し上げられる感覚に慣れて
いなくてパニックになり深雪は難しいとなるスキーヤーが多いと
思うのです。そういう人はフタを急に閉めようとしているのです。
また押し上げられてバランスが狂ったと思い込んで後ろに転倒
なんてこともよくあることでしょう。まさにフタ全開で終了…。(-_-;
フタは雪からもらう圧に合わせて開閉するだけなのです。必要
最小限の動きとも言えます。また押し上げられている時、斜面に
対しては後ろのポジションに見えるでしょうが、雪面抵抗とコアに
引かれているバランスで考えると一時的なもので所謂後傾とは
全く意味が異なることを記しておきたいと思います。

深雪は、雪からもらうモノで滑る最高の条件です。
それこそLETSKIそのものなのです。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 3

"K”

こんにちは!
深雪でのフタの開閉、面白いイメージですね^^
ゆったりとした感覚を感じやすいかも、、、試してみたいです。
ロングコースでのクルージングにも良さそうですね。
by "K” (2006-11-17 10:15) 

MASA

こんばんは(^_^)
しろくま先生はニセコの後半組で行かれたんですね。
私は前半組でした。前半組でも感動の連続でしたが
もっと良かったと言われる後半組の状況は想像範囲外です。
次回はその想像を超えるニセコを堪能したいです。
TOKさんの案内を心待ちにしてる所です。

ふと思ったんですが、教師へ昇格した、しろくま先生や
IKA先生達はもうあのツアーには普通のメンバーとしては
参加出来ないんですね。 ちょっと残念ですね。
by MASA (2006-11-17 23:13) 

しろくま

Kさん、MASAさん、コメントありがとうございます。
そう、蝶番はTOK先生の受け売りですが、フタは
以前から個人的に感じていたイメージです。
またニセコですが、私も行く予定です。
どちらに行くかは調整中で、現段階では近日発表
予定ってことで…。
by しろくま (2006-11-18 01:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1