So-net無料ブログ作成

ニセコヒラフ

 そうですね。まあTOK師匠の日記と同じことを書いても仕方がないので、また適当に徒然なるままに書いていきたいなと思います。

まあ北海道スキーといえば私が初めて行ったのは、バブリーな時代でスキーもブームだったころですが、そのころに比べると、ツアー代の格安なことにビックリしちゃいます。今回、泊まったのは○ルペンホテルなんですが、そこは憧れの宿だったところだったので泊まれて嬉しかったといえば嬉しくて感慨深いものはありました。

ここがセンターリフト正面ですが、この手前にあるのが○ルペンホテルでして、スキーするには超便利なところではあるのです。今は、白馬でもお馴染み東○系リゾートホテルなのですが、以前は地元資本の宿で、索道会社も二つに別れていまして、地元系と東○系とで不便な問題がいろいろとありました。そんなことも過去のこととなり、今では全山券なるものも当たり前でオーストラリア人が多くてその変化にも驚く感じでしょうか。

まあ雪質は、良いといえば良いのですが、今回についていえば驚くほどではないというのが正直なところかもしれません。まあそういう軽くないパウダーなら長野新潟で充分に経験済みですから、基礎はありますので北海道でそうなってもお任せ下さい♪なんて感じなんですが、それってやっぱり複雑になってしまいますね~。(^^; 積雪量も少なめでした。というか記憶にあるなかでは一番少ないかなぁ…。だから林間では木や枝等が沢山出ていて自由に滑れなくなってしまうなんてこともありました。しかし現在、上信越や関越系の標高の低いところでは悲惨な状況であることを考えると贅沢な話になるのでしょうね。札幌市内なんて湿雪だったし全然寒くなかったもんですからね~。(=_=; だから本来なら傘なんかなくても降雪の中を歩けるのですが、重い雪では濡れるし道もベチャベチャしていまして、ホテル前の居酒屋で飲食してしまったわけです。そんな雪が多めに降りゃ~、空港閉鎖にもなるということなのでありまして、想定外札幌ナイトは不思議なのでありました。(^^
 
ではそこで食べた毛蟹です~♪

「なんだよ!俺を食うのか?この野郎!」なんて顔していますな~。


身をほぐしてミソを混ぜて甲羅に入れて食ってやったぜ。ウヒヒヒヒ♪


そしてこんなドリンクと合う北海道の海鮮料理達なのであった。

次回は、オフピステの開放についてお話ししま~す。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1