So-net無料ブログ作成

踵支点で感じるオレンジ

 オレンジを足裏に感じるということ、つまり足裏感覚を研ぎ澄ますにはブーツのバックル、ベルトをしっかり締めて踵や踝がしっかりホールドされていることはポイントなのです。そして足指、拇指球は極僅かに上下動する遊びがある感じかなあ~。

ここのところ書いていますが、今シーズンはブーツのヘタリが極み状態だったのです。

http://shirokuma-ski.blog.so-net.ne.jp/2013-06-06

http://shirokuma-ski.blog.so-net.ne.jp/2013-06-20

3月になって強制的矯正改造?で改善されたのですが、そのときになって改めてよくTOK先生が言っていた踵支点という言葉の意味が再認識されたのです。(お恥ずかしい限りですが…)オレンジを転がすというのも、まずは横に転がしズレに乗って移動するフィーリングが基本中の基本なのですが、足首が緩めではブレてしまうのです。軸が安定しないとでも申しましょうか。

まあフィーリングスキー初体験の生徒さんには「パワーベルトってしっかり締めたことないです」という足首緩めの方も多いんです。そうなると支点探しの旅、第一段階はベルトを締めることから始まるのです。

さあそういう話の流れでは、ブーツが重要であるってことになって参りまして、私の新ブーツネタが次回となるのであります。(^^

さて例のウイングヒルズ白鳥にこんなのできたそうで。滑ってみたいなあ~。



banner.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

OT

こんばんは、スキーシーズンおつかれさまでした。
支点が定まらないと、ぼんやりしてしまって繊細な感覚が得られないのですね。
こちらはDoの支点のお話ですが、レッスンにお役に立つかもしれませんので、参考にリンクを張り付けておきます。

フロントブレーキの掛け方
http://www.youtube.com/watch?v=1-heBE3sBh8

リアブレーキの掛け方
http://www.youtube.com/watch?v=hV4USenVEgA
by OT (2013-07-25 19:55) 

しろくま

OTさん いつもコメントありがとうございます。

バイクのブレーキネタ、拝見しました。私も昔、250ccに乗っていました。
リアの足の使い方、とても興味深かったです。(^^
by しろくま (2013-07-30 00:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0