So-net無料ブログ作成
検索選択

外足果汁(荷重)

 さてでは不定期更新とはなりますが、基本について綴る感じで語りたいかなと…。

で、まあ4月からの春スキーとなると林間やコブ等の不整地滑走が多くなります。というかそういう条件でしか滑っておりません。その2か月間の中で感じたことは、基本は足裏感覚での外足果汁(荷重)だなあ~ということです。その土台があって様々な滑走フォーム(カタチ)が顕れるという現象を再認識した次第です。やはりオレンジの柔軟とか転がりとかで果汁さまを感じることなんです。

ゲレンデでフォーム固めしていても意外にこういうところで通用しないんですよ。



さて次回は、横滑りについて語りたいのです。ではこんな動画を作成しました。次回ネタ予告としてご覧ください。(*^^)v



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。