So-net無料ブログ作成

初滑り

 200912011505000.jpg

かぐらで滑ってきました。30cmの積雪で人工雪メインということで、天気も良く、ご機嫌?なアイスバーン日和でした!

いや、硬いバーンは良く滑りました。プラスノーに馴染んだ身体から硬い人工雪のフィーリングは、その違いに戸惑いまして、午前中はゆっくりゆっくり滑りました。(^^;

そしてズージャターンのフィーリングチェックですが、かなり良好でした。特に小回り系に使える確信を得たのであります。午後からはコブもできて、野麦のユリワリのようでした~♪こ、これでいつでも野麦モード発進体制となりました!無理して行って良かったのです。しかし明日は、筋肉やら関節やらが痛みそうな気が…。(--;

では疲れました。もうすぐ寝ます。どうもありがとうございました。

サーファーの台詞

 「サーフィンにのめりこむと『地球を感じることができる。宇宙を感じることができる。そして生きていて良かったと思える』…それで止められなくなるんです」

今朝、あの有料放送局の朝ドラを見ていたら、サーファー役の彼が言っていた台詞です。えー朝のバタバタの中で見ていたんで正確ではないんですけど、まあだいたいそんな台詞でした。

スキーもそんな思いで滑って感じることができたら最高だよ~!とやたら共感してしまったのです。昨日も久々の雪の上、地球を感じて、歌い、至福の時間だったのです。

そうそう、ズージャターンのつぶやきは「ツッツ♪チー♪」なのですが、ツッツとチーのつながりで地球を感じて導き出されるように、谷方向へスキーが解き放たれるようなフィーリングを感じました。硬い雪面だからこそ感じ易かったフィーリングとも言えましょう。切換での走り感覚とも言えるのですが、敢えて言えば、レガートなのであります。

レガートとは?ウィキではこんな説明がされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%88

まあ要するに継続していくフィーリングってことなんです。スタッカートでは、地球を感じにくいと思うのです。でもスタッカートがお好きな方々も多いような気が…。(^^;

さあ地球を感じたら、宇宙を感じにいきたくなりました。そ、それはフカフカのパウダースノーの中にありそうなのです。(^^ あぁ新雪(深雪)滑りたい~♪


年末進行でバテバテ~。

 いやー年末年始に休む関係で、今が忙しいのです。なものでこちらも欠席しております。う~ん、行きたかったなあ~。

で、次のスキーは、12月19日(土)の予定です。久々の信州入りを企んでいるのですが、どうなることでしょう。そう3月の野麦以降、全然長野県へ足を踏み入れていません。以前ならオフシーズンも何かしらの用事で信州へ行っていたのですが、ついに一度も行かなかったのです。まあ水戸通いだらけで、他のことはやらなかったってことなのです。

それで最近「おぉ!」と思った動画です。スンゲー短いんですが、実はモーグルコブも踵支点でズラすということがよくわかるんです。ズラして貯めた圧が、谷方向への推進力へとなっています。しかし里谷選手の長野オリンピックの金メダルって、12年近くも前なんて、ホントに時間の経過は速いですね!

http://www.youtube.com/watch?v=HUGNiSt4GXg&feature=related

ではどうもありがとうございました。

おはようございます

 取り急ぎ、野麦FSSのページが更新されました。

http://fs.jpski.com/fssn/

スミマセン。それだけです。では行ってきます!

年末年始の予定

 今頃になっての情報で恐縮ですが、12月29日から1月2日まで野麦峠スキー場へ出動致します。ここに出勤教師一覧として掲載されました。

http://fs.jpski.com/fssn/lessonsche.htm

なのですが、年末29日から31日までは昨年同様、出張レッスンも可能です。(場所は野麦峠スキー場のある松本市奈川から日帰りできるところとなります。まあ白馬までってところですか~)また出張レッスンの場合、こちらにあるプライベートレッスン1日のみとなります。(フレームレッスンではできません)

http://fs.jpski.com/fssn/lesson.htm#03

日時、料金等の内容については、shirokuma82@yahoo.co.jp までご連絡頂くか、野麦FSS事務局までお問い合わせ下さい。

ではそういうことでした。いよいよ冬将軍到来ですね~。(^^ ではよろしくお願い致します。

19日は志賀高原

 一番確実に滑れるだろうと思って志賀行きを決めたんですが、冬将軍様ときたら北アルプス沿いや北陸辺りに雪を降らせたようで、北信地域は意外に少ないようです。最近よくある傾向のようですね。まあ明日も降るようなんで期待しましょう。

しかし志賀高原って7~8年は行っていません。それも最後は春スキーだったから、冬なんて超ご無沙汰なのです。昔、FF車に乗っていましてね~、なんと途中の坂で立ち往生してチェーン付けた苦い思い出がある志賀…。それ以降、4WD車しか乗っていないのです。

とにかく楽しみなのです。では北信地域にもう少々降らせて下さい!冬将軍さま~!

熊の湯は腰パウ!

 冬将軍さまは、しがない中年男の希望を叶えて下さいました。きっと今月、勤労に励んだご褒美だったのではないかと…。横手&熊の湯という、パウダー狙いで滑ってきました。

特にノーボーダーの熊の湯は凄かったのです。(^^ 午前中は熊の湯の急斜面で深雪食べ放題♪そして午後から横手山でした。横手山は、クソ寒かったです~。近日、腰パウ動画公開予定です~。

そうそう、野麦FSSからメルマガを発行することになりました。 http://www.mag2.com/m/0001065001.html

深雪でした!

 お待たせしました。熊の湯の動画です。雪が降り過ぎて、冒頭のコブ斜面に深雪という条件はスゴかったんです。マジ、転ばないだけ奇跡でした。まあ短い基礎板で残念でしたが、しかし楽し過ぎです。深雪こそスキーです。宇宙を感じました。生きていて良かったのです。(^^

 撮影Uさん

「ハイヤ!」って言ってんのは雪が口に入りまして、苦しかった叫びなんです。(^^; もっと撮る予定でしたが、カメラが結露しました。(--;


やっと落ち着いてきました。

 12月のハードな日々も落ち着いてきました。そんな中で日帰り志賀高原という狂気…じゃなくて~狂喜乱舞なことをしましたが、なかなかできない超深雪ワールドは夢のような世界でした。高速が1000円で信州中野まで一気に行けるなんてことも夢のようですね~。高崎からR18を延々と走った時代が懐かしいのです。

さてさて、ところで思うのですが、深雪という条件では、昔のノーマルスキーで2m近い長さの板の方が滑りやすかったのですよ~。例えば160~170cmなんて長さでは、幅があるにせよ前後の動きがトリッキーなのであります。まあ私がデブ…じゃなくて~体重があるってことも関係ありますが、パウダーでは、滑走面の幅よりも前後の捕えだよな~と切に思うのです。

また出だしの積極性も重要です。この動画も積極的に「イエィ!」と行っているのですが、下のコブからドンドコドンと来た、想定外の圧力に屈してしまったというわけなのです。(^^;



でも即、段々畑上の深雪に突っ込んでいます。しかしまた右に流れているのが、わかりますか?(ここはベースからメインゲレンデを見て右の急斜面です) この後、雪煙りに消えて見えなくなったので、リフト下の滑り、真ん中の急斜面と編集しました。

しかしスキーヤーオンリーって、パウダー残存率が高く最高です。なのですが、熊の湯のスキーヤーは、下半分のようなバーンがお好きなようなのです。まあ修学旅行の皆さんならわかるんですけど、立派なウエアと立派な板の皆さんが多かったような…。なんか居心地悪かったような…。(--;

そうそう、本日のA新聞夕刊にNスキー場のことが記事になっていました。あのN場Pホテルがクリスマスイブなのに閑散としていたなんて内容でした。楽しいスキーとは何だろう?いろいろ考えさせられますな~。

あっ、とにかく29日から2日まで野麦FSSにいます!改めてヨロシクお願いします。