So-net無料ブログ作成

NZはシーズンイン!

 https://twitter.com/10mie

TOK先生が、昨年まで何かとお世話になった10mieさんのつぶやきが面白いですよ。感涙モノであります。。。

10mieさんは、こちらでお馴染みの方です。(*^^)v

いや~南半球はこれからですね。北半球の私なんぞ月山も行かないし、最後のチャンスは7月の乗鞍かなあ~。あーまだ滑りたいなあ~。

書いたのに消滅!(=_=;

ソネットブログ、時々あるんですが、書いてUPするときにエラーを起こして消えちゃう…。う~ん悲しい。消えたネタは改めて書きます。。。

さてこちらのメルマガ第20回に5月30日のかぐらの様子が載っています。バックナンバーからご覧下さい。しかし木の緑が良いですね~。(^^

http://www.mag2.com/m/0001065001.html

ではまた~♪

さてそれで

 先日書いたのは、今シーズンを振り返ってなんてことだったんですが、まず第一に思い出したことは、2月11日のことでした。まずはこちらをご覧下さい。

http://shirokuma-ski.blog.so-net.ne.jp/2010-02-13

雨…。そう、2月なのに雨って降りました。2月は三寒四温なんて言いまして当然雨も降るのですが、野麦の標高で雨って想定外ではあるのでした。まあそれで雪が緩むのも珍しくないんですが、今になって思うことは先入観で「ここはこうすべき…、こうでなくてはならない…、こうに決まっている…」なんて決めつけちゃいかんだろうってことなのです。

フィーリングスキーでは「ここはこういう技術で滑る!」というような事前決定は要らないのです。あたかもシナリオが決まってしまっている予定調和というか、正解がわかっているクイズというか、そんな意外性のないスキーではないんですね。雪面で解放されて、自然を感じて、やってくる瞬間と戯れるように滑っちゃうんです。そして結果として出てくる滑りを技術的に評価したければすれば良いだけのことなのです。(^^

まあ実は、最近師匠の滑りやレッスンの入った動画を手に入れまして、それを拝見し、フィーリングスキーの真髄を改めて感じたのですよ。そして心からスキーを楽しむことの意味を考えまして、なぜか2月11日のことを思い出したのです。

いや~まだまだです。でもだからこそなんだよな~♪

7月18日(日)

 なんですが、乗鞍大雪渓に行こうと考えた結果、こんな企画になりました。

http://fs.jpski.com/fssn/


昨年は行っていないんですよね~。一昨年は、7月12日に行ってました。

http://shirokuma-ski.blog.so-net.ne.jp/2008-07-12

おぉ、師匠のツッコミコメントが…。まあこの時期でバス降りてすぐ雪があるからスゴイのです。リフトはありませんけど…。(^^; 梅雨明けしていると良いな~。

久々の動画

 5月30日のかぐらでの不整地トレインを編集しました。



16:9のワイド画面なんですが、どうも貼りつけるとダメなようです。こちらも直接どうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=Bf5nu1aN58w

今回の動画は、こちらの20号の動画の拡大版になります。

http://www.mag2.com/m/0001065001.html

ではまた!

春スキーはおまけだけど最高!

http://www.youtube.com/watch?v=Bf5nu1aN58w

前回も貼り付けましたが、このお二人は2009年シーズンに月山までも一緒に行っている春スキーFS常連組なのです。この中にちょっぴり登場しています。



いや~春のかぐらでコブトレインができるだけでも最高でしたね。なるべく無理なく私の牽引に付いてこられるように、しろくまトレインゆっくり出発進行なのであります。まあちょっと意識して加速しているところもあるんですけど…。試練かもしれんなんて想いながら…。(^^;

まあコブをライン通りにまっすぐ滑るなんて、ある意味LETではありません。というかここをこう行かねばならないのだ~なんて時点でDOなのであります。でもですね…皆、そこを目標にするものですから、かぐらのコブもエグイことになるんですが、それはそれで決まった道の中でもLET的応用は可能なのであります。特に深いコブとなると、DOとLETのミックスバランスで滑ることも出てきます。まあそれでもLETメインで、なるべくDOは隠し味にしたいんですけどね…。

そして春のコブは、柔らかくて練習に最高です。4月からかぐらでのコブで思ったこと、いくつかありまして、またその辺りはボチボチ書きますんで~。(^^

あぁ!この企画、募集中です♪まだまだシーズンは続くのです!

http://fs.jpski.com/fssn/SPL_Schedule.htm#Norikura