So-net無料ブログ作成
検索選択

既得権益

 なんか変な4文字をタイトルにしちゃいましたが、その4文字に胡坐をかいているだけでは、動いている時代に乗り遅れて衰退していくだけなんだろうなあ~と思うわけです。

例えば、選挙に当選することが全てで、それ以降のことは勝手に付いてくるなんて志の政治家がいたら、とても恐ろしいんですが、まずは既得権益ありきという現状があるのではないかと…。そういうことに血眼になっているのはヤバいんではないかい?ということに気付かないとね~と思うわけです。滅んじゃいますよ~、マジで…。

本来スキーなんてのは、そんな4文字から遠いスポーツなんだと思うんですが、いかがなのでしょう?えっ?そうでもないって?あらら~。(^^;

まあ早起きして深雪滑れたら、それも既得権益になるのかな~?なあ~んてね!?(^^

つぶやき

 先日どういうわけかボーリングなんてしてしまいました。

そこで久しぶりのボーリング大会で無心になるためにある言葉をつぶやきました。その言葉とは「レット!スキー♪」(^^ (右腕を引くときにLETで、スウィングするときにSKI~♪なのです)

それがなかなか上手くいきまして前半は快調でした。しかし後半になって「もうすぐビールだね♪」なんて会話をしていて、いきなり閃いてつぶやき変更です。「ビール!泡~♪」(^^;

しかしその言葉には、さすがに邪念が多過ぎて、調子を崩してしまいました…。(--;

まあ終わってからのビールが美味かったので全然OKなんですが、実は3位まで賞品があったのですよ。私は4位だったのでした。たらればを言ってはいけませんが、全て「レット!スキー♪」と言っていればね~。

離陸~着陸♪

 今日は、仕事の帰りにこんなところに寄ってみました。ここはこんなものを見ることができます。


http://www.asobi-map.com/hikoki.htm


私の勤務先の事務所からクルマで10分ほどで行けるのです。着陸する飛行機が、まるでキャスターターンをしているように見えるのです。

http://olss.jpski.com/FeelingSki/feelingski.htm

今日は夜で車輪は見えませんでしたが、着陸寸前のゆっくり感は壮観なのです。潮風と飛行機の迫力は良かったのです。そうそう、スキーも離陸と着陸を繰り返しているようなイメージだよな~。あ~滑りたいなあ~。

NZではですね~

 我らがオッキーの最新NZレポートが、こちらのメルマガに掲載されています。(^^

http://www.mag2.com/m/0001065001.html

今、読んで「ところ変われば、いろいろなんだな~」と思いました。

そういえば後傾ね~。スキーを滑るバランスに対する基準点も価値観もいろいろでして、それこそ何が正解で何が不正解なんてないのでしょうし、ところ変わればなんでしょうね。例えば深雪滑走での一時的なポジションなんて、かなり後傾に見えるといやあ見えるんですけど、それをそう言ったらいかがなものか?と思う訳です。雪面抵抗(圧)の飲み込みを最大に感じたときに自然に顕れるだけのバランス…、そいつを正邪で語るような野暮なオッサンにだけはなりたくありませんなあ~。(^^;

そう「せいじゃ」と打ったら聖者が先に出てきました。聖者といえばクリスマス!冬を連想させる言葉ですね~。そう、この冬はまさしく聖者の行進のように滑りたいなあ~とアホな妄想をしたりして♪ あれはOK!これはNGなんて正邪の行進にだけはなりませんように…、チャンチャン!

本日は…

 東京近辺のFSS仲間の皆さんとキリンビール横浜工場へ行って工場見学&そのあと飲んでワイワイやってきました。

http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/yokohama/index.html

祭日でしたから工場のラインは動いていなくて、設備を見ながらビデオ映像で機械が稼働する様子を視聴するなんて感じでありました。ビールの勉強をしてからは、なんと試飲タイム(二杯まで)がありまして一番搾り、ラガー、一番搾りスタウト(黒ビール)の三種類から選べるのです。(おつまみ付き)

そして園内のレストラン「スプリングバレー」で二次会であります。ここのオリジナルビールが、また美味いのです。TOK先生がやっていた白馬のメルツェンを思い出す雰囲気のビアホールなのでした…。ということで飲んで食べてと、ビール好きにはたまらない場所でした。(^^

2010092022340000.jpg




切ない秋

8763444.jpg

先日、オニャンコターンの発想をすることになった飼い猫が亡くなりました。これは3年前の写真ですから、かなりメタボなときですね。最期は骨と皮のようになってしまいましたが…。

食べたいときだけ摺り寄って来て、あとは関係ねえ~なんて奴でして、こちらもエサをやってトイレの片付けをするだけの、そんな関係を16年も続けてきました。あぁそういえば撫でればゴロゴロと言っていたなあ~。それが横滑りのオレンジゴロゴロと似ているなあ~と思ったんですよね。それで肉球転がすオニャンコターンなんて発想になったわけです。

あぁ凹みますね~。(--

終わりじゃなくて始まり

 オッキーから昨日の記事にコメントを頂きまして、そこに彼の愛犬が亡くなったときの記事をリンクしてくれました。

http://ameblo.jp/jpski1014/entry-10042220095.html#cbox

ここにあるTOK先生のコメントが沁みましたね~。2007年8月5日、まだ病気でも何でもないときです。


『魂は永遠に生き続けます !!! (^ー^)

 肉体はなくなっても,“魂”は永遠に...
 また,いつか,形を変えた“彼or彼女”に逢えます !!!
 今はキット充電をし始めていることでしょう !!!
 (^ ^)(^I^)                 【TOK】 』


いやあ、今だからこそ感じてしまうことがホントに深いんですよね~。そういえば2009シーズンに野麦で「死ぬと言う事は終わりじゃないんだ。始まりなんだ」と語るTOK先生の姿を思い出しました。その姿には無理のない自然体のオーラがあって、まさしくスキーとは自然の中に身を任せて滑るんだよ~というフィーリングスキーが伝えたい真髄を感じて、なんとも引き締まるような思いになったのでありました。

まあワタクシ感じるのですが、人間、40代にもなるとお世話になった方に先立たれてしまうことが多くなりましてね…ホント。でも皆、充電をし始めているのかあ~。ウチの猫も、今頃気ままにペロペロ自分の体をお掃除していて、新人?のくせにデカイ顔をしているような気がしてきました。憎まれっ子、あの世にナントカ…なんてなっているかもしれません…。(^^;

終わりじゃなくて始まりなのです。