So-net無料ブログ作成

久々のかぐら

 かぐらへ行ってきました。アイスバーンの上にもっさり新雪が少々という条件でしたが、林間ではプチパウダーも楽しめて超堪能しました。雪はたくさんあります。これからに期待大なのでした。

えー午後から吹雪となって写真を撮り忘れました。ならばお土産写真です。こんなの買いました。では呑むよ~♪

2012040121240000.jpg

10日(火)

 今週末は仕事でして、次回のスキーは10日かぐらです。

フリーで滑っていますので、お暇な方は一緒に遊びましょう♪ 今月は週末に滑れる日が少なそうなんです…。

静かなスキー

 さてこの春のスキーですが、私なりに課題を作り滑ることにしました。題して「静かなスキー」です。えー音を立てずに滑るということではありませんよ。(^^;

重力と重心をマッチさせて無理のない落下移動、そして用具の性能を合理的に活用するなんてところでしょうか?フィーリングスキーで言うLETを追求するってことなんですけどね。

これから街中を半袖で過ごせるような気候になると、本格春雪です。柔らかコブで静かに滑る…。楽しく追求してみましょうかね~。(^^

春雪はパウダー気分♪

 えー春雪って重たいし~、スキー操作うまくいかないし~、…なんて思われると思うのですが、それって正解なんですが、不正解でもあるのです。重たいならその抵抗を自分の力で回そうとせずに、抵抗そのものを利用して回ってくれるようにすれば良いんです。まあなんともテンポの間延びしたような滑りになるかもなんですが、それが春の雪なんです。

そう思うと春雪って何かに似ているじゃん…と思うのですね。そうなのです。深雪滑走なのです。明日は、かぐらでパウダー気分なのです。春雪は磨き砂…というかダイヤモンドかもしれません♪ あぁパウダーよ~♪




banner.jpg


かぐらは雪多し

2012041013390000.jpg

いやあ行ってきました。平日スキーは空いていて良いのですが、かぐらは駐車場が半分以上埋まっていました。恐るべし平日かぐら!(^^

春の適度な柔らか雪は踵支点推進に最適な条件です。コブも適度に緩み「コア~水~♪」と歌いながら滑っておりました。山回りで「コア~」谷回りで「スイ~」なんですが、そのつぶやきの怪説じゃなくて解説はまた次回であります。しかしまだ雪質が3月後半の感じです。オフピステは難しかったのです。

2012041013130000.jpg

でも楽しかった~♪これからの雪が安定する時期が最高の楽しみになってきました。(^^

唄うコブ

 前回のコア~水~なんですけど、山回りでコア~と唄いまして、谷回りでスイーと唄うのです。

で、それがどのように感じていくフィーリングかと言いますと、地球の中心(コア)からエネルギーを吸い上げるように山回りで圧吸収をするイメージです。この図の②から③で外足裏から地球オレンジジュースを吸い上げるなんてフィーリングなのです。そして圧吸収が美味しいと加速するように切換局面(ニュートラル部分)を通過して①から②へ着陸するかの如くスイーと唄えてしまうのです。まあ着陸というよりは着水なんて感じでしょうか…。着水を美味しくするには、山回りの圧吸収がポイントであります。それを感じて弓矢が解き放たれるようなフィーリングになれば最高です♪

STP[1].jpg

コア~スイ~♪と唄えば深いコブもなんとかなったりしちゃうかも?さて着水ということでこんな映像はいかがでしょう。鳥は誰に教わることもなく飛べるようになるのでしょうか?(^^

http://youtu.be/dcha6jTK9NQ

banner.jpg

土曜かぐら

21日かぐってきます。久々にワックス塗ったこの板!あのえぐれコブでコア水フィーリング感度向上研究してきます。あぁ楽しみなのです。

2012041015050000.jpg

フリー滑走

 さて今月からかぐらで滑るようになりましてフリー滑走しております。それで林間やらコブやら重い整地やら勝手に唄いながら滑っております。かなりチャレンジングなこともしてまして昨日もえぐれコブで二回ばかりクラッシュしました。(^^; 板にワックス塗ったからでもないんですけど某人民共和国製をも凌駕するしろくまミサイル二発大失敗だったのであります。えー若干首が痛いのでありんす…。(--;

さて学んだことは春でもワックス必要ですね~なんてことでした。緩斜面の連絡移動が超楽々なのです。思えば野麦ではオッキーワックスで快適に滑っていたんだよな~。あ~もはや思い出なり。。。。

あとですね~やっぱ短いデモ板だとドッシリした安定感がちょっとなくて頼りないのです。まあ私が重いということもありますが、パウダー用の板をリリーフ登板させようか検討中です。身体も板もファットで行くか!とGWの板選択に悩むのでありました。

そうそしてフリー滑走といえば、ちょっとランチに[ビール]ですよ。(^^;

試乗会

 昨日、野沢温泉スキー場で2013年モデル試乗会に参加してきました。大快晴の空の下、9機種試乗してきました。いやあ、面白かったのです。

それで最近では、まったりしたちょい長めちょい幅広R緩めなんてところが好みになっていますが、印象に残った板を二本ほど紹介しましょう。あ、ちなみにワタクシ、身長175cm、体重90Kgという重みですから、それに基づいた偏りがあることをご了解下さい。(^^;

2012042914580000.jpg

KEI-SKIのEZO170cm。実は三年前にも試乗していましてね、ほぼ同じでした。昨日は、170cmまでしかなかったのですが、カタログ上は180cmまであるのでそれに乗りたかったのです。幅があってドッシリ安定していてGOODでした。これのロッカータイプもあって、それも乗りましたが、同じ170cmでも回転しやすくて短い感じでしたね。昨日のような春雪でのドッシリした安定感ではノーマルかな。

2012042914570000.jpg

ブリザードのマグナム8.0CA172cm 今やスキーヤーも中高年がメインです。いわゆるデモモデルとは違うシニア層がターゲットであろうオールラウンドモデルにいくつか乗りました。これはそれを象徴しているフィーリングで、軽くてスイングしやすく楽な板ですね。本来の用途ではないでしょうがコブでの操作性も良かったです。これらの板の特徴は、幅広め、R緩めで切れや走りはイマイチでも楽にゆったり滑りましょう~ってコンセプトなのでしょう。ただ軽いという構造なのかカラカラ乾いた乗り味でドッシリ感に欠けて、柔らかいので私の重みでは板が可哀そうな気がしましたね…。(^^;

あと、上級基礎モデルも乗りましたが、そのネタはまた次回ということで…。