So-net無料ブログ作成
検索選択

カタチを作るのではなく、結果的に創られる(横滑りの洗練3)

 カタチを作るということを意識して滑る方は多いと思います。フォーム固めなんてことになりましょうか。それはそれで良いのですが、足裏情報を感じることが曖昧でバランスが取れにくい場合、カタチを作ることって難しいよなあ~と思う訳です。

足裏意識で横滑りを洗練させて、徐々に安定してくるとしましょう。すると結果的にその状況に応じた外向、外傾が自然に顕れてきます。まあ腕を前に構えたりとかの姿勢つくりも補助動作としては有りなんですが、外スキーの足裏オレンジを感じ続けられるようになることの方が、遥かに重要だと思うのです。

まあこの辺りフィーリングスキー独特のところかもしれませんが、自分から仕掛けないで雪と用具と足裏から来る自分の重心バランスの三位一体で感性が花開くのであります。

カタチを作るのではなく創られる…ということなんですなあ~。フィーリングの妙味なのです。(*^^)v

次回、でも腕の構え?ストック?ブーツ?なんてネタの予定です。


でも腕の構えも大事

 なんだか足裏重視なことばかり言っているんですが、それが全てでもないと思うのです。

例えば、谷回りを丁寧になんてとき腕で弧を描く意識で、それまで急旋回していたターンが丸くなったりして足裏の撓みを結果として感じられてくるなんてこともあるのです。

やじろべえのようにとか、飛行機の羽のようにとか腕の構え方でもいろんなフィーリングがあるのです。

要は、各人が解き放つ方法を自分で感じて発見することなんだと思います。

てなわけで今回は短くてスミマセン。用具ネタは次回です。(^^